ライフスタイル

ふるさと納税! 知らなきゃ損‼  -誰もがお得な納税ライフ-

はじめに

皆さまこんにちは。突然ですが『 ふるさと納税 』してますか?

 

最近テレビやマスコミなどでよく紹介されていますが、ふるさと納税について気になっている方も多いかと思われます。

 

『 興味はあるけど手続きが不安 』

『 信用できる納税先が見当たらない 』

このような方も多いのではないでしょうか?

 

そんな方の為にふるさと納税の基礎知識とお得な納税先についてご紹介いたします。

 

納税でお悩みの方やそうでない方もインターネットで簡単に手続きができる、有効な納税ライフを是非ご活用ください。


ふるさと納税は地方を応援する寄付制度!

ふるさと納税と名前に『 税 』という言葉がありますと、反射的に難しく感じてしまいます。

 

しかし実際はどなたでも簡単におこなえるシステムでそんなに難しい制度ではありません。

 

ふるさと納税とは本来お住まいの自治体に納めるべき所得税や個人住民税を、税収の少ない地域に寄付することにより、効率良く納税手続きがおこなえる仕組みになります。

 

【ふるさと納税(寄付金)-2,000円】が所得税と個人住民税から全額控除されます。(一定の上限あり)

 

例えば納税額が4万円の場合、その金額をふるさと納税に寄付します。

2,000円を差し引いた残りの38,000円がご自身の税金から全額控除されます。

寄付をおこなったお礼として、お礼状やその地域の特産品を受け取ることができます。

 

ふるさと納税をおこなうことで地域が活性化され、やがて国全体の活性化につながる構図になり、寄付を受けた地域はお礼として特産品などの品を送ることで、その知名度が認識され経済効果へとつながります。

 

従来の納税制度では、ご自身が納めた税金がどの分野でどれだけ活用されているかが不透明であり、それを明確に確認することはできません。

 

 

大切な税金を有効活用できない政治家が存在していることも悲しい現実です。

 

 

ふるさと納税では寄付金の活用先をご自身で選ぶことが可能であり、その内容も明確に記載されています。

 

一個人の善意が無駄なく活用され、国・地域・納税者がWin-Win(ウィンウィン)の関係でおこなえる納税制度それが『 ふるさと納税 』です。


ふるさと納税の手順

ふるさと納税の手順は簡単で、その年の収入額によって寄付金と控除額の上限が異なりますので、まずはご自身の寄付金と控除額の上限を確認し申請をおこないます。

 

寄付金と控除額の確認は、各自治体や以下のポータルサイトで収入額を入力すると、自動で金額を確認することができます。


さとふる ⇐⇐

 

 

ふるさとチョイス ⇐⇐

 

申請する項目や受け取るお礼状・特産品など自由に選択できますので、豊富な品揃えからご自身の希望でお選びください。

 

申請後に寄付金受領証明書と記念品が届きます。

 

送付された寄付金受領証明書をもとにご自身の控除申請をおこないます。


魅力的な寄付金ラインナップ!

 

ふるさと納税で人気の高い寄付金ラインナップをご紹介いたします。

 

高級ブランド牛をゲットする!

 

ふるさと納税で人気が高いのはお肉です。

 

日本ではどこの地方でも必ずその地方のブランド牛が紹介されています。

 

このブランド牛が頂けるふるさと納税はコストパフォーマンスも良く利用されています。

 

有名なところでは、『 石川県能登町の能登牛 』『 宮崎県都城市の宮崎牛 』『 滋賀県近江八幡市の近江牛 』などが人気です。

 

農産物をゲットする!

 

ブランド牛に次いで人気が高いのは農産物です。

 

まごころを込めた新鮮なお野菜やフルーツは人気を集めています。

 

有名なところでは『 八街道訓子府町のたまねぎ 』『 鹿児島県大崎町のマンゴー 』などが紹介されています。

 

愛情をゲットする!

 

最後に是非とも皆さまに知ってほしい納税先があります。

 

それは『 広島県神石高原町のふるさと納税 』です。

 

広島県神石高原町のふるさと納税は、町への寄付からその先の項目を選ぶことができます。

 

その中でNPO法人ピースウィンズ・ジャパンが主催する『 ピースワンコ・ジャパン ⇐⇐ 』というプロジェクトが紹介されています。

 

 

 

 

 

 

 

このプロジェクトは複数のメディアでも紹介されていますが、その内容は殺処分される罪なき命を救うことです。

 

愛犬家の皆さまもそうでない方もご理解頂けるかと思いますが、これまで人間の都合により数ある罪なき命を奪ってきました。

 

このプロジェクトは私達がインターネットを通じて、この罪なき命を救うことができます。

 

私達が納める税金をふるさと納税にシフトするだけで、税金の有効活用が可能になり、これまでマイナスイメージだった納税に対して、納税者がその意味や喜びを確認できるようになります。

 

2018年の動物愛護法改正、そして2020年の東京オリンピックに向けて『 殺処分ゼロ 』を掲げるプロジェクトでもあり、何よりコストパフォーマンスが絶大なので筆者もここを活用しています。


本日のまとめ

これまで私達の税金は定められた自治体に納めてきました。

 

納めた税金の使用用途に問題があり、納税に対するマイナスイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし2008年にふるさと納税が導入されたことにより、その税金の使い道を私達が選択できるようになりました。

 

ふるさと納税はご自身の税金を何に使うか決められる制度であり、国・自治体・納税者が一体となりその恩恵を受けることができる有効なシステムであるといえます。

 

皆さまも大切な税金を有効に活用できるお得な納税ライフを試されてみてはいかがでしょうか。



 

コメントを残す