仮想通貨

PEPECASH(ぺぺキャッシュ) はじめての仮想通貨 アルトコイン2018 to the moon‼ 

はじめに

2017年は仮想通貨市場にとって大きな1年であったといえます。数多くのICOが公開され、その明暗を目の当たりにされたトレーダーの方も多いようです。

 

BTC(ビットコイン)を始めとする主要通貨の高騰で、新規参入に踏み出せないという意見を耳にすることがあります。

 

2018年から仮想通貨取引を始められる方の為に、低価格で参入可能なアルトコインをご紹介いたします。

 

あくまで筆者個人の見解になりますので参考材料としてご閲覧ください。

 

今回紹介するアルトコインは PEPECASH(ぺぺキャッシュ) です。


PEPECASH(ぺぺキャッシュ)とは?

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)とはBTC(ビットコイン)のブロックチェーン上で開発されたプラットフォームであるCounterparty(カウンターパーティー)のシステムを利用して作られた仮想通貨トークンです。

 

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の特徴としては通貨としての利便性はなく、海外で人気のある『 ぺぺ 』というカエルのキャラクターをモチーフにしたトレーディングカード(レアペペカード)をユーザー間で取引できるシステムになります。

 

 

 

 

 

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)のコミュニティーは、海外の掲示板4chan(4ちゃんねる)になり、日本の掲示板2ちゃんねる(現在は5ちゃんねる)から形成されたMONA(モナーコイン)と同様の性質があると考えていいでしょう。

 

レアペペカードの発行数は上限に近い7億を突破していることから、4chanにおけるコレクターの需要が確認されます。


PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の取引価格

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の取引価格は、2017年1月の段階で 1PEPECASH=0.03円 付近で取引されていましたが、そこからわずか4ヵ月で3.5円付近まで上昇しました。

 

その後緩やかな下降と調整を繰り返しながら、同年12月上旬に 1PEPECASH=30円 付近まで上昇し、12月下旬には10~13円付近で取引されています。

 

約1年で1,000倍程の成長を見せたPEPECASH(ぺぺキャッシュ)の恩恵を受けた方も多いのではないでしょうか。

 

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)が高騰を見せた背景には、連動制の高いMONA(モナーコイン)の上昇、そしてPEPECASH(ぺぺキャッシュ)が公式な通貨として認められホワイトリストに挙げられたことが大きな要因になっています。


投資における判断材料(メリットとデメリット)

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)のメリットとしては、現段階でホワイトリストに挙げられている他のアルトコインに比べて、低価格で購入することが可能であり、その伸び代が期待できるところにあります。

 

 

 

 

また円建てで取引がおこなえることもあり、他通貨で確定した利益の受け皿として、PEPECASH(ぺぺキャッシュ)などの価格が安い通貨に投機資金が流用する可能性が考えられます。

 

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)のデメリットとしては、一般的な利便性のある通貨とは違いその利用用途が限定していることにあります。

 

将来的にカードゲームやコンクター間でレアペペカードの価値が高まることが期待されていますが、コレクションとしての価値が下がれば、連動して急落する可能性も考えられます。


今日のまとめ

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の一般的な利便性はなく、すでに価格が上昇しているイメージと下落リスクはありますが、投機観点から見て中期的に押さえておきたい案件であるといえます。

 

海外のアルトコインに比べて、国内取引所であるZaif(ザイフ)で円から購入することができますので、送金リスクが低く初心者の方でも低価格で購入しやすい通貨になります。

 

取引をおこなう場合は半年から1年はホールドが可能な、無理のない余剰資金でおこなうことが基本になります。

 

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の購入は国内取引所であるZaif(ザイフ)での口座開設が必要になります。

 

手順に沿った簡単な作業で開設がおこなえます⇓⇓

本人確認等の手続から取引開始までの期間は2~3週間を予定しておいてください。

スマートフォンアプリGoogle Authenticatorを使用した2段階認証を設定するようにしてください。

2段階認証はアプリ内でQRコードを読み込み、送信された6桁の認証コードをログイン時に入力する簡単な作業になります。

 

その他のアルトコインにも対応できるように複数の取引所で口座を準備されることをお勧めします。

 

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)のメリットとデメリットを分析した上では、宝くじを購入する感覚で価格の安い間にエントリーしておくのが良いかも知れません。



 

コメントを残す