仮想通貨

-仮想通貨アルトコイン2018- to the moon3選‼

はじめに

2017年も師走を迎え寒さを実感できる今日この頃ですが、仮想通貨市場では熱いバトルが繰り広げられております。

 

今年は上昇の激しい1年だったのではないでしょうか。

 

2018年以降も注目があつまる仮想通貨市場で、期待値の高いアルトコイン3つを選んでみました。

 

あくまで筆者個人の見解ですので参考材料としてご閲覧ください。


Ethereum(イーサリアム)  ETH

Ethereum(イーサリアム)とはスイスで開発されたプロジェクトであり通貨表記ではETHになります。

 

言わずと知れたBitcoin(ビットコイン)に続く第2位の仮想通貨として知られています。

 

 

イーサリアムの特徴として挙げられている『スマートコントラクト』という技術は、ブロックチェーン上での通貨取引において、全ての取引プロセスを管理すると同時に、その契約内容の管理・執行までを自動的におこなえる信頼性の高いシステムになります。

 

ICOにおける決済手段としても多く利用されており、これからも需要は高まることが考えられます。

 

2017年12月現在でETHの取引価格は80,000円前後まで上昇していますが、長期的に見ても安定感のある底堅い通貨であることが予測されます。


Ripple(リップル)  XRP

Ripple(リップル)とはサンフランシスコに所在するリップル社が開発したシステムであり通貨表記ではXRPになります。

 

リップルの特徴としてはその通貨としての特性ではなく、各国の通貨をスムーズに国際送金できるシステムとして利用されています。

 

 

円やドルなどの法定通貨に加えて、ビットコインを始めとする各通貨を数秒で送金することが可能であり、その手数料の安さから外国為替送金をおこなう際の即時決済ネットワークとして存在しています。

 

またGoogle・AMEX・SBIなどの大手企業がバックアップしているシステムとしてその動向が注目されています。

 

2017年12月現在でXRPの取引価格は3倍程に上昇していますが、システムの需要拡大と共にその成長を期待できることが予測されます。


LIQUID(リキッド) QASH

LIQUID(リキッド)とはシンガポールのフィンテック企業QUOINE社が開発したプロジェクトであり、通貨表記ではQASHになります。

 

QUOINE社は2016年に本社機能を日本に移転しています。

 

 

またQUOINE社が運営する取引所QUOINEXは、世界最大級のマーケットシェア・最先端のサービス・最高峰のセキュリティーを誇る金融庁登録事業者として存在しています。

 

リキッドの特徴としては世界各国の各取引所でおこなわれている仮想通貨取引を、LIQUID PLATFORMと連結することで、より安全性の高い通貨取引がおこなえるシステムになります。

 

このプロジェクトが遂行されることで、世界各国の仮想通貨が自国通貨で自由に取引がおこなえるようになり、市場の流動性がさらに高まることが予測されています。

 

また金融サービスにおける決済通貨としてQASH(キャッシュ)が利用できるようになり、Bitcoin(ビットコイン)・Ethereum(イーサリアム)と並ぶ利便性の高い通貨として期待されています。

 

2017年12月現在でQASHの取引価格はICOの2.5倍ラインをキープしており、2018年からのビジョンではさらなる成長が予測されています。


今日のまとめ

2017年は『 仮想通貨元年 』と言われるほど世界中で仮想通貨市場に注目が集まりました。

 

たび重なるICOの成功と衰退を実感された方も多いのではないでしょうか。

 

2018年以降もその勢いは衰えることなく、成長を重ねることが予測されています。

 

数多くのアルトコインの中でも、その将来性と利便性に特化した通貨が、多くのビジネスチャンスをもたらす通貨になり、これからも需要が高まることが期待されています。

 

筆者個人としてはこれらの通貨が、日常の決済通貨として利用できる日が来ることを待ち望んでいます。



 

コメントを残す