FXバイナリー

-為替相場FX値動きの特徴- トレーダーが使うスケジュール帳‼ 

季節とトレンドの関係性

為替相場では季節毎に値動きの特徴が現れることがあります。

 

年間を通したスケジュールを簡単にまとめてみました。


1月 January

 

日本ではお正月休みになりますが、世界の相場は2日の早朝ウェリントン市場から動き出します。

 

相場の動向としては12月下旬の流れを受け継ぐことが多く見られます。

 

また1月は欧米企業の決算期や大手企業のボーナス時期にもあたりますので、そこから市場がスタートする傾向があります。

 

下旬にはダボスで開催される経済会議があり、各国首脳の発言がその後の相場に影響を与えることから注目されています。

 

また恒例行事としてアメリカ大統領の演説が行われます。

 

演説の影響で相場が新たな展開を迎えることがありますので注意が必要です。


2月 February

 

為替相場では商いが薄くなる時期と言われています。

 

中旬は中国の旧正月(春節)にあたります。

 

中国では1週間程マーケットが休場となることから春節前後は相場が大きく動くことがあります。

 

2月のトレードは相場の動向を見ながら控え目におこなう方が良いかもしれません。


3月 March

 

日本企業の決算期にあたります。

 

この時期は日本企業が海外投資で得た利益を確定するリパトリエーションがおこなわれる時期と言われています。

 

日本企業の外貨売り円買いが相場に影響を与えることがあります。

 

また下旬は決算の影響で東京市場は商いが薄くなる傾向があります。

 

3月は日本企業のリパトリエーションの影響で円高傾向が見られますが、2月同様にトレードは控え目におこなうほうがいいでしょう。


4月 April

 

1日から日本企業の新たな決算期がスタートします。

 

そのため3月31日の後場から4月1日にかけて相場が急激に変動する傾向が見られます。

 

その後イースター休暇に向けて相場は穏やかになります。

 

中旬からは日本企業や投資家の資金が市場に流入されます。

 

後半からは日本のゴールデンウィークが始まりますので、海外旅行を目的とした円売り外貨買いが多く見られます。

 

4月は相場が動きやすい時期と言われています。

 

トレンドは円安傾向が見られることが多いので、トレードの基本スタイルはロングでいいと思います。


5月 May

 

初旬日本ではゴールデンウィークがあり東京市場は商いが薄くなります。

 

ゴールデンウィーク後半頃から円買い傾向が見られます。

 

また商いが薄いことで雇用統計など経済指標発表後に値が大きく振れるケースがありますので注意が必要です。

 

4月に集中したトレードをおこない、5月は動向を見ながら小休止です。


6月 June

 

欧米企業の4半期決算がありポジション調整で若干相場が動く時期になります。

 

また日本企業のボーナス時期が6月に集中していることから、それを元手に個人投資家の新規資金が市場に流入する時期でもあります。


7月 July

 

日本公務員のボーナス時期が6月末であることから、6月同様に個人投資家の新規資金が市場に流入する傾向があります。


8月 August

 

夏休みシーズンということもあり全体的に商いが薄くなります。

 

欧米では1ヵ月程の休暇をとるケースもあるので企業が夏休みモードになります。

 

基本的に毎年6月~8月は相場の中だるみ感が出やすい傾向があります。

 

また過去の形跡から見て、経済に影響を与えるような大きな出来事が起こることが稀にあります。

 

そういう年は値動きが激しくなると言われています。


9月 September

 

夏休みモードが終わり相場が活性化します。

 

日本企業の中間決算期と欧米企業の4半期決算期が重なります。

 

基本的に3月に近い相場動向が見られます。


10月 October

 

為替相場の後半戦がスタートするような動向が見られます。

 

基本的に『 9月~10月 』は『 3月~4月 』と同じトレードスタイルで考えるのが良いかと思われます。


11月 November

 

11月下旬にはアメリカで感謝祭がおこなわれます。

 

感謝祭前はポジション調整の動きが起こりやすくなります。

 

また欧米ヘッジファンドの決算期が11月~12月に集中しており、リパトリエーションの影響を受けて相場が大きく振れるケースがこの時期に見られます。

 

11月中旬以降の値動きには注意が必要になります。


12月 December

 

欧米企業が決算期に入ります。

 

上旬は決算に向けてのポジション調整が起こりやすくなる為に、相場が反転するケースが見られます。

 

中旬以降は世界中のトレーダーがクリスマスモードに入りますので次第に商いは薄くなります。

 

また日本へ投資している海外企業のリパトリエーションによる円安傾向が見られます。

 

クリスマス前後の相場にあまり動きはありませんが、年末に近づくに連れて翌年に向けての相場が少しづつ形成されるようになります。


今日のまとめ

 

為替相場において季節性が全てではありませんが、トレードで参考にできる要素は多く含まれています。

 

トレードスケジュールを立ててモチベーションと資金管理をおこなってみてはいかかでしょうか。

 

また数年に1度のペースで、商いが薄くなる時期に相場が大きく変動することも見られています。

 

出来高が少なくなる時期に取引をおこなう場合は注意が必要です。



 

コメントを残す