仮想通貨

ビットコインとアルトコインの将来性‼

Bitcoin(ビットコイン)とは?

ご存じの方も多いかと思われますが仮想通貨を簡単に説明します。

 

私達が日常で使用している円やドルなどの貨幣は、国が発行しているという信用の上で取引が成立しています。

 

貨幣の価値は国際的にその国の信用度を表しています。

 

 

1ドルが1円よりも高いということはアメリカが日本よりも経済的信用が認められているということになります。

 

 

これに対して仮想通貨は国が発行している通貨ではなく、企業や団体が発行しているインターネット上の暗号通貨になります。

 

例えるならクレジットカードのポイントや電子マネーもひとつの仮想通貨と考えることができます。

 

経済の歴史は物々交換から貨幣による交換へと移行してきました。

 

多くの人々がその価値を認識すれば、どんなものでも交換対象となる貨幣と見なすことができます。

 

インターネット上だけに存在する貨幣としての形がない電子データであっても、多くの人々がその価値を認めることで、売買が成立する仕組みになります。

 

その代表的なものがBitcoin(ビットコイン)になります。


アルトコインの将来性?

仮想通貨で代表的なものはBitcoin(ビットコイン)・Ethereum(イーサリアム)が有名です。

 

 

一般的にはビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと呼ばれています。

 

 

このアルトコインは通称(草コイン)と呼ばれ、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)で公開後、その将来性を期待した投資が始まります。

 

企業や団体が資金調達を目的におこなう、新規株式公開 IPO(イニシャル・パブリック・オファリング)に比べて、条件が低くおこなえる時代に応じた資金調達法であると考えていいでしょう。

 

またICOに参加する為には、あらかじめチケットとなる『 トークン 』を購入し、その購入時期が早いほど割引率は高くなります。

 

公開されたアルトコインを低価格で購入することが可能になり、その差益を目的とした投機が盛んにおこなわれています。

 

Googleや大企業がバックアップしているRipple(リップル)などのアルトコインは、その安心感から人気を集め価格が高騰しています。

 

Ripple(リップル)など企業の将来性や通貨価値を期待したアルトコインが存在する半面で、毎日のように生まれては消えるアルトコインも多く存在しています。

 

仮想通貨取引のすべては企業と個人間でおこなわれる取引であり、その企業が倒産した場合に国が保証するものではありません。

 

これからも仮想通貨市場の活発化が予測されていますが、現時点では投資家の利便性が拍車をかけていると考えてもいいでしょう。

 

低価格のアルトコインは投機対象として魅力的ですが、参加される個人トレーダーはこのことを理解した上で、慎重にアルトコインを選ぶ必要があります。

 

また日本で実際に通貨として利用する場合は、円に交換する必要があり為替レートや手数料が発生します。

 

これらのことを総合的に考えて投資としての利益を得られるかを判断しなければなりません。


おすすめできる仮想通貨取引所

 

COIN EXCHANGE(コインエクスチェンジ海外)  ⇐⇐

 

数100種類のアルトコインが取引できる海外の取引所になります。

 

新規の格安アルトコインが次々と紹介されています。

 

チャンスは大きいですがアルトコインの種類が豊富な分だけ、そのリスクも考量しておかなければなりません。

 

大きな損失につながらない様に投資対象を見極める必要があります。

 

手数料の安い国内の取引所でビットコインやイーサリアムを購入して送金する方法が一般的です。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ国内)  ⇐⇐

 

取引通貨はビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアムの3種類になり、取引手数料とスプレッドの安さが特徴です。

 

仮想通貨QASHのトークンセールはこの取引所でおこなわれています。

 

海外の取引所になるCOIN EXCHANGEで格安のアルトコインを購入する場合は、この取引所を経由して円をビットコインやイーサリアムに変えて送金する方法がお勧めです。

 

coincheck(コインチェック国内)  ⇐⇐

 

登録が簡単で初心者の方でもお勧めできる取引所です。

 

ライトコイン・ネム・ダッシュなど数種類のアルトコインが円建てで取引できることが特徴です。

 

円から直接取引ができることから国内トレーダーの多くが利用しています。


今日のまとめ

仮想通貨を購入する際には各取引所の口座開設が必要になります。

 

 

運転免許証やパスポートなど、顔写真付きの本人確認ができる証明書があれば、どなたでも簡単に口座開設をおこなえます。

 

 

口座開設後はセキュリティーを重視して、ログイン時だけではなく通貨を送金する際にも必要となる『 2段階認証 』を設定することをお勧めします。

 

2段階認証は、スマートフォンアプリのGoogle AuthenticatorでQRコードを読み込み、アプリに表示された6桁の承認コードをログイン時に入力するだけの作業になります。

 

日本ではまだ主要ではありませんが、海外ではビットコインやイーサリアムで買い物ができるショップなどがあり、これからも利用できる場は活性化されるといわれています。

 

投機目的でアルトコイン売買をおこなうトレーダーの方は、大切な資産を失わない為にも、その企業の将来性やバックボーンのリサーチは必須と考えたほうが良いでしょう。



 

コメントを残す