FXバイナリー

バイナリーオプション勝利の黄金ルール‼

勝負に負けないルール設定!

 

1度のエントリーは資金の2%まで

 

バイナリーオプションでは1日に数回チャンスを狙ってエントリーを繰り返します。

 

勝つ時もあれば当然負ける時もあります。

 

大きな損失を出さないように負けを想定した投資金額でエントリーされることをお勧めします。

 

1日の損益は資金の10%まで

 

月のトレードを20日間と想定した場合、1日の損益設定は5%~10%が好ましい方法です。

 

例えば資金が100,000円の場合は損益設定は10,000円になります。

 

収益が確定した翌日はその割合に応じてエントリー金額を増やし、損失が確定した翌日は減らすことを意識して勝率アップを目指します。

 

収益確定でトレードを終える

 

エントリーを繰り返すことで収益チャンスは広がりますが当然リスクも広がります。

 

翌日にも収益チャンスがあることを忘れずに、収益が確定した段階で手仕舞い意識を持つことが重要です。

 

レンジ相場を見極める

 

短期的な値動きを繰り返すバイナリーオプションでは、限られた時間内での高値と安値を見極めながらエントリーするタイミングを狙います。

 

1分トレードなどではタイミングを間違い同額で損失になるケースも多いです。

 

チャートで開いた窓はやがて閉まり、大きく動いたローソク足は元に戻る習性があります。

 

あらかじめ設定した高値と安値のラインを見極めることが重要なポイントです。

 

出来高(商い)の薄い時間帯を避ける

 

1日の為替市場はウェリントンから始まりニューヨークで幕を閉じます。

 

世界三大市場と呼ばれる取引所は東京・ロンドン・ニューヨークになり、その中でもロンドン市場では全体の35%以上の取引がおこなわれており、ニューヨーク市場18%、東京市場6%の順になります。

 

為替取引では通常ロンドンとニューヨークが重なる時間帯22:00~翌1:00頃が一番値動きが大きくなる時間帯といわれています。

 

出来高が大きいほど値動きも大きくなり、それに伴うチャンスとリスクも比例します。

 

大きな値動きを好まないトレーダーの方はロンドンが始まる17:00~21:00でトレードをおこなっている方も多いようです。

 

トレンドに逆らう逆張りは危険!

 

トレンドに逆らった逆張りは大きく損失を出す確率が高くなります。

 

上昇トレンドでは『 押し目HIGH 』下降トレンドでは『 戻りLOW 』が基本になります。

 

ナンピンは厳禁!

 

エントリー後損失が確定的であっても、クローズまでのナンピン(追加エントリー)は大きく損失を出す確率が高くなります。

 

運よくナンピンが成功したとしても、高確率でそれ以上に損失を出す結果になります。

 

損失が確定した場合は一度気持ちをリセットすることが次の収益につながります。


今日のまとめ

値動きの激しい相場では感情が勝敗を分けるといっても過言ではありません。

 

経済指標が発表されるタイミングを好まれる方もおられますが、激しい値動きが大きな損失につながるケースも少なくありません。

 

短期的な値動きを繰り返すバイナリーオプションでは、コツコツと積み上げた収益が一瞬で損失に変わらない為のルール設定が必要です。

 

その設定に基づいたトレードを心掛けることが最も重要なポイントであるといえます。



 

コメントを残す