ライフスタイル

パートナーの心をつかむテクニック‼

ノンバーバルメッセージとは?

言葉による会話は人と人とのコミュニケーションの手段としては最も有効な方法です。

 

しかし私達は普段会話だけでは得られない多くの情報を、相手の外見や仕草、表情などから無意識のうちにリサーチしています。

 

言葉以外のコミュニケーションはノンバーバルやボディランゲージと呼ばれていますが、これは初対面の相手であっても、その外見だけでかなりの情報を入手することができるコミュニケーションのテクニックになります。

 

『 人は見かけによらない 』『 外見だけで人を判断していけない 』というのはまさにその通りですが、相手の性格や気質その時の心理状態はノンバーバルメッセージとなって必ず外見に現れてくるものです。


まずは外見チェックから

体型や姿勢

 

体型や姿勢には日常生活の態度や意識が表れます。

またその人の趣味や経験したスポーツなども含まれます。

 

顔つきや表情

 

人間の表情には精神状態の内面が表れています。

口元の上がり下がりで日常生活におけるストレスの有無を感じ取ることができると言われています。

 

目線や仕草

 

目線や仕草にはその時の精神状態が表れています。

会話の最中に顔の一部を触る行動は、心では違うことを考えているケースが多いようです。

 

『 目は口ほどに物を言う 』といったことわざも、このことから連想されます。


今日のまとめ

初対面で相手の人間性の奥深いところまで知る必要はないですが、出会った時と親密になってからとでは、その人の印象や付き合い方が変わる場合があります。

 

あらかじめ性格傾向を把握できれば、付き合い方の基本方針を立てることができます。

 

相手の性格傾向を事前に把握することで、相手にとって好ましくない発言を避けることにつながります。

 

また心理状態が掴めずに場の雰囲気を壊してしまうことや、不快な思いをさせてしまうようなミスもなくなり、パートナーとの良好な関係性を構築することができるようになります。



 

コメントを残す