ライフスタイル

脱サプリで健康な身体づくりを目指す‼

サプリメントの効果とは?

現代では不規則な食生活から昔のように食事で十分な栄養分を摂取することが難しくなっています。

普段の食生活で十分な栄養素を摂取しているつもりでも、その食品自体に思った栄養素が含まれていないことがあります。

 

それを補うことのできる食品がサプリメントです。

 


サプリメントのメリットとデメリット

同じ量の同じ栄養素ならば食事でも、合成のサプリメントであったとしても体に及ぼす効果は同じとされています。

 

例えば調理法が違えば身体に取り込まれる栄養素の量にも違いがあり、野菜などの食品も、量産に応じてその栄養素が少なくなってきています。

 

またビタミン不足などは急に症状が現れるものではありません。

 

十分な食生活を送っていても、何となく疲れやすいなど感じた時は潜在的ビタミン欠乏症を起こしている可能性があります。

 

サプリメントのメリットは手軽に摂取する事ができて、その栄養素の量が保障されている点になります。

 

しかしビタミン不足を補う食品としてサプリメントは有効ですが、決して身体に優しいものばかりではありません。

 

サプリメントの中には保存料を使用した商品が多く、その成分が身体に合わないと敬遠される方もおられます。

 

あくまでサプリメントは普段の食生活で不足した栄養をサポートするという意味では有効かもしれません。

 

しかし健康的な身体づくりにはやはり栄養バランスのとれた食生活が重要であるといえます。


ウォーキングの効果

1分歩くだけでも免疫力を高める効果があるウォーキングは、継続することでダイエット効果が期待できます。

またウォーキングをすることで血流が促進して、冷え性や肩こり浮腫みなどにも効果があり、脳の活性化につながると言われています。

 

ウォーキングのポイントとしては、背筋をまっすぐに保ちながら腰回りの筋肉を意識して歩くと、より効果的な発汗作用につながります。

 

また腰回りの筋肉が刺激されて、腸内環境が改善されて、健康的にスリムなボディーラインをキープすることが可能になります。

 

適度なウォーキングはストレスを減少させてリラックス効果を高める作用があり、日常生活でストレスを感じた時はウォーキングが有効です。

 

身体のコンディションを高めて、また新しい一日を過ごせるように適度なウォーキングをお勧めします。


ウォーキング後のリラックス

ウォーキング後の入浴は身体をリフレッシュする意味でも大変効果的です。

温めのお湯は鎮静効果があり不眠症や自律神経失調症などにも効果があります。

また熱めのお湯は肥満症や冷え性、うつ傾向の改善、運動不足の場合などにも効果があると言われています。

入浴時にアロマオイルを使用するとよりリフレッシュ効果が高まります。

 

効果的なアロマオイル

 

グレープフルーツ 気分が前向きになる

 

ラベンダー    気持ちを穏やかにする

 

マージョラム   冷え性・高血圧・便秘

 

カモミール    頭痛や生理痛


今日のまとめ

食が健康な身体を支えているように、昔から私達の主食である和食には多くの栄養素がバランスよく取り入れられています。

 

和食中心の食生活を意識することで、サプリメントに頼らない健康的な身体づくりを目指すことができるようになります。

 

バランスのとれた食生活と適度なウォーキングは継続することでより有効な効果を得ることにつながります。

 

ご自身が無理のないリズムでおこなうことが重要であり、何より食と運動を楽しみながら健康な身体づくりを目指して頂ければと思います。



 

コメントを残す